モンクレールのダウンジャケットは数多くの種類がありますが、本格的な登山用モデルとして人気が高いのが「カラコルム」です。

K2への登山部隊のために考案されたダウンジャケットだけあって防寒性は抜群に優れています。

そして、モンクレールのダウンジャケットは全てフェザーはグースの産毛が使用されているので、ボリュームがあっても着た時に重たさを感じる事がありません。

それからカラコルムの特徴としては、フロント部分がボタンダウンになっているというところです。そして、そのボタンダウンが縦ラインに2箇所あるので、普段使いの時には外側のボタンを閉めて着ているだけで十分な防寒性がありますが、雪山や気温がマイナスといった所で着用する際にはわ内側のボタンを留めて着ると、より体へ密着させることができるので、さらに高い防寒性を得ることができます。

モンクレールのダウンジャケットの外側には、シャイニーナイロンという少し光沢のあるナイロンが使われているので、本格的なダウンジャケットなのにカジュアルな印象を受けます。ダウンに使われているフェザーもビッシリと入っているので、型崩れする事なく着続けられるので、一生付き合っていけるアイテムだといえます。

モンクレールのブルゾン、ダウンベスト、ダウンジャケットを春、秋、冬の季節で使い分けています。すべて20歳前半の大学生の頃に購入したので10年以上着用していますが、飽きることなく毎年のように着用しております。

1点ずつ説明していくと、ブルゾンに関してはブラックでライダースのようなデザインで内側はグレーのスウェット生地になっています。

モンクレールのロゴは左腕に小さく付いております。春先と秋から冬にかけてヘビーローテーションしております。上記の3点の中でも1番長い時期使えるものになります。

次にダウンベストはブラックで他ブランドよりも羽根が多く入っており、かなり暖かいです。モンクレールのロゴは左胸あたりに大きく付いています。秋から冬にかけてと冬から春にかけて使える商品になります。中に着込めば真冬でも使える商品にもなります。

最後にダウンジャケットはネイビーで他ブランドのダウンジャケットより羽根の量の多さ、質の良さからかなり暖かいです。モンクレールのロゴは左腕に大きく付いています。真冬に使用する商品になりますが、中着を半袖であれば秋から冬にかけても使える商品になります。街中で1番着用している人数が多く、1番人気の商品になると思います。

値段は、やはりダウンジャケットが1番高く、定価では20万円弱するものもあります。ダウンベストに関しては、10万円前後が多い商品になります。型や羽根の量等で金額に誤差があります。ブルゾンは7、8万円ぐらいで上記2点に比べると1番安価で購入することができます。

高級ダウンコートの代名詞といえば「モンクレール」ですね。テレビで芸能人が冬場の旅ロケなどで愛用されているのをかなりの確率で見ます。
そんなモンクレールも毎年少しずつデザインチェンジをしているようですが、やはりミドル~ロング丈タイプが人気のようです。
もしこれらのタイプを購入するのであれば、サイズを選ぶ時にちょっとしたアドバイスがあります。
まず、モンクレールを一度着てみると分かるのですが、その保温力の高さに驚かされます。本当に暖かいです!!厚手のセーターなどを着て電車に乗ったり、室内を動くと汗をかいてしまうほどです。逆を言えば、汗が冷えて風邪を引く要因にもなります。
ということで、皆さんがダウンコートを購入の際に考え付く「少し大きめサイズを買って、その下には厚手のセーターで・・」はおススメしません。その必要がモンクレールにはないのです(余程寒い地域で生活する場合を除きますが)。
そこでサイズ選びの際は、『ジャストフィット』をおススメします。当たり前ですが、素材自体とても良いものを使用していますので、体にフィットするくらいでも着心地は申し分ありません。特にロング丈タイプを選べば、着膨れしやすいダウンコートでもキレイめに着こなすことができますよ。

世界的にムーブメントを起こしているダウンブランドのモンクレール。
アルピニストの為に作られたそのダウンはそれぞれのモデルに山に因んだモデル名が付けられています。
有名なモデルとしてK2やHIMARAYAなどがありますね。
そのモデル名に恥じない防寒性能を持っており、
日本で使用するに当たってインナーはTシャツ1枚でも過ごせる程に高性能なダウンジャケットになっています。

職人が手作りで生産するダウンはフランス産のグースダウンを採用しており、
4Flcorons(キャトル・フロコン)という厳しい基準を通過したダウンのみ使用することが許されます。
とても軽く、保温性があるダウンと、長年培ってきた伝統ののパタニングにより、
着用に置けるストレスを可能な限りフリーにしたダウンジャケットは決して他ブランドでは味わえない極上の着心地となっています。

また、高水準なダウンを使用することでのみ作り出すことができる美しいシルエットは多くのメゾンブランドを魅了し、
数多のブランドとのコラボレートが実現しております。
これにより、よりファッショナブルでタウンユースなモデルがリリースされ、
高機能でありながら、ファッション性が高いセレブリティ御用達のブランドとなっています。

寒い冬の外を出歩く時の必須なのがダウンジャケットです。モコモコしたような暖かそうなデザインやシンプルで着こなしのしやすいファッション性が昔から長く愛されています。

そんなダウンジャケットのフランス有名ブランドモンクレールの魅力についてお話しします。まず、モンクレールはモンクレール(MONCLER)は、ダウンジャケットなどを提供するフランス発祥のファッションブランドの一つです。

現在はイタリアのミラノに本社を置いています。数多くのダウンジャケットを始めとしたアウターなどが人気を集めており、日本へは直輸入で様々なショップや百貨店などで広く取り扱われいます。一時、男性トップアイドルがコマーシャルをやったことでも有名です。何と言ってもモンクレールのダウンジャケットが日本で人気を集めています。その理由は、デザイン性や素材感などにあります。日本ではダウンジャケットはボコボコしてスタイリッシュに見えないイメージがある中で、シンプルなデザインで着こなししてもシャープに見えてバランスが悪くならない点があります。ただアウターを着るのではなく、ファッションアイテムも一つとして楽しめる点もあります。モンクレールのダウンジャケットは寒い冬も楽しく、暖かくしてくれる魅力があります。

コスプレのウィッグには、色々な種類があります。ウィッグというものの特性上、中にはちょっと特殊な加工が施されている物もあるのです。
そもそもウィッグは、たまに熱が加えられる場合があります。ウィッグに色々と加工を施したいと思う事があるのですが、その時にはアイロンを利用する事もあるでしょう。また何らかの理由があって、ウィッグに熱湯がかかる事なども有るそうなのですが。
ところが無加工のウィッグというのは、熱に弱い一面があります。その時にはアイロンをかけたりする事ができませんね。そのため一部のウィッグには、加工が施されている事があるのです。それが耐熱のウィッグです。
耐熱ウィッグは本当に熱に強いです。中には250度前後の熱に耐える事ができるウィッグなどもあります。熱湯はせいぜい100度ですね。このためアイロンを利用したい時には、耐熱ウィッグを用いるほうが良いと思います。
また耐熱のウィッグの場合、髪のほぐしなども手軽にできる事が多いです。なぜならそのようなウィッグは、手串でもケアをできるような商品が多いからです。
ただしそのようなウィッグは、値段は多少高めではあります。クオリティが高い分、それが値段に反映されているのだと思います。

ゲームやアニメのキャラクターの中には、日本人、もっといえば地球人に天然では存在し得ないような髪色のキャラクターや、毎日のスタイリングにどのくらい時間がかかるのだろうと余計な心配をしてしまうような複雑なヘアスタイルのキャラクターが多数存在します。設定としてその色に染めていると明記されているキャラもいますが、大抵は疑問を差し挟ませない状態のまま、「生まれつきそういうもの」と受け入れさせられているのが現実です。
2次元のキャラクターになるためのコスプレ衣装を専門に扱うショップに行く機会は、そういう趣味でもなければまず皆無でしょうが、通販のウェブサイトなら容易に見ることができるので、ぜひ覗いて見てください。衣装だけでなく、眼鏡、靴などの小道具、さらにはキャラクターのヘアスタイルを忠実に再現したウイッグがたくさん扱われているのがわかります。素材は耐熱性ファイバーなどで、鋏で整えてアレンジを楽しんだりできるものもあります。
もともとが2次元であるがゆえに、「現実に存在したら、こんな感じだろうな」という想像の域は出ないものの、かなり忠実な再現度で、身に着けたらウキウキと気持ちが高まりそうです。

衣装とコスプレウィッグ、できればカラーコンタクトも使ったトータルコーディネートで、コミケやイベントに参加するのは少しチャレンジングですが、部屋でこっそりなりきるだけでも、それはそれで楽しそうです。ついでに顔立ちもキャラクターをなぞった方がバランスがよくなりますが、そのためには、少々大げさなメイクや、テープなどを使った補正という手もあります。うまくいけば、2次元と3次元の狭間、いわば2.5次元の気分を味わえます。
ただ、注意しなければならない点もあります。詳しくは著作権法を参照していただきたいのですが、こういった既存キャラ(著作権が自分ではない他者にある)のコスプレウィッグや小道具を自作して身につけるのは構いませんが、他人に売ることは違法です。また、自作・既製品問わず、コスプレ姿で有料の撮影会を開いたり、有料のライブイベントを開催したりするのもいけません。

撮影会の情報などを調べるのに見ているのは「コスプレウィッグ通販/美容師がカット・スタイリング | MONOCOS」です。コスプレのウィッグもいくつか扱っていて見ているだけでも面白いです。

もう終了してしまいましたがロケみつというテレビ番組が好きでした。
お笑い芸人桜の稲垣早希ちゃんがエヴァンゲリオンのアスカのコスプレをしながら旅をする番組でした。
何気なくチャンネルを回していた時に偶然見たのですが、その衝撃にすっかりはまってしまいました。
びっくりする位、アスカのコスプレが似合っていたのです。
ウィッグまで被っていて完璧でした。
主にヨーロッパを旅していましたが、この格好だとかなり目立ちますし、今の時代アニメと言えば日本と言われるように、日本を象徴する姿だったのかもしれません。
稲垣早希ちゃんの素顔を実は知らなくて、はじめてこのテレビ番組で見たので、違う番組で早希ちゃんの素顔を見た時の方が違和感を感じました。
それほどアスカのコスプレが似合っていましたし、馴染んでいました。
私の中では、桜の稲垣早希ちゃんと言えばアスカ以外の何者でもないという印象しか今はありません。
コスプレのウィッグをこれ程までに被りこなせるのは、元が可愛いからというのもあると思いますが、恥ずかしがらずに完全になりきるという事も大事だと感じました。
アニメには全く興味がない私でも、エヴァンゲリオンがテレビで放送されていると、アスカはどれだ?と探してしまうようになりました。
それほどまでに、とてもインパクトがある番組でした。